【博物館】シアトル航空博物館の屋外展示「フィアットG.91PAN、F-14、A-6、MiG-17、ハリアー」




番外編の更に番外編ですが、シアトルにある『航空博物館』のいわゆる『ゲートガード』の機体たちを今回は紹介します。青々とした芝生の上に鎮座する様子は、屋内の清潔な飛行機とはまた違った趣きを見せます。

なんとなく、この方が若々しく見えるのは気のせいでしょうか。
では見てみましょう。

フィアットG.91PAN


まずはアエリタリアの軽戦闘機、G.91の曲芸飛行隊「フレッチェ・トリコローリ」モデルです。鮮やかな青が特徴的。イタリアのナショナルカラーですね。

1950年代を象徴するような軽快さが伝わってきます。
機銃は50口径4門。

かわいい機体です。




F-14A



もはやこの機体については食傷気味ですが、F-14です。
青空展示なのは、ノースウエストだとオレゴン州のエバーグリーン博物館とここだけでしょうか?



フェンスで近くには寄れません。エバーグリーン博物館の方は、寄れます。
参考記事:エバーグリーン博物館に行ってみた

A-6 イントルーダー(爆装)



展示機体はハードポイントに爆弾を装備。


ミグ17 МиГ-17


何故か見切れてしまっていますが、1952年のミグ17です。
マーキングは北ベトナムのMiG17Fを再現したものみたいです。中国空軍に似てます。
ちなみに中国のライセンス版は殲撃五型殲-5/J-5/F-5



機体そのものは、もともとモロッコ空軍のもの。


物々しい固定兵装が印象的です。



こちら37mm砲。絶妙な角度です。


AV-8C ハリアー 海兵隊仕様



最後は海兵隊からハリアー。







ぶっといギア。


小さな尾翼。何もかもが特徴的過ぎる機体でした。


博物館の前には線路。貨物列車がよく通過していました。
【博物館】シアトル航空博物館の屋外展示「フィアットG.91PAN、F-14、A-6、MiG-17、ハリアー」 【博物館】シアトル航空博物館の屋外展示「フィアットG.91PAN、F-14、A-6、MiG-17、ハリアー」 Reviewed by 106 on 8:59:00 Rating: 5